PHASES / Under Construction

宇宙探査の歴史における一種のノスタルジアは、人類の未知なる冒険や地球の防衛など宇宙は科学を考えるだけでなく、ヒューマニティを極限状態の中に投影したいという人類の根源的テーマであり、宇宙旅行やAIを初めとしたテクノロジーへの好奇心は、それらが生み出す美学や哲学的なスリルをはらんでいる。90年代、カリフォルニアではテクノユートピアという思想が支持され、スペースX社を始めとした様々なテック系ベンチャー企業が台頭し、まるでSF映画の様な世界が一部実現しつつあるのは、そういった思想が背景にある事に他ならない。当時の人々が熱狂したスペースクラフトや、事故によって隠蔽されてしまったNASAラボラトリーの実態、そして自然環境の中に刻み込まれた物質的なリアリィティを、第二次宇宙事業ブームの最も中心地と言えるカリフォルニアを舞台に、過去から現在進行中の宇宙プロジェクトまで、近赤外線カメラを使用した独自の手法で記録する。

The pioneer spirit of space exploration provides human beings scientific perspectives as well as great aspiration for unknown planets, and conscious of earth defense, which represents universal desire that the fundamental theme of mankind that wants to project humanity into the extreme state. The curiosity of technology, such as space travel, Artificial Intelligent, conceives the feeling of aesthetically and philosophically thrill. The “techno-utopianism” has begun to be used in the 90’s California. Techno-utopianism allows variety of tech startups to gain great power, which also contributes to achieve Science Fictional Technology in the real world. I pursue not only spacecrafts that enthused people, but also old NASA laboratory which was abolished and, physical reality in the nature. Her photographs capture space projects from the past to the present in California where is the mainstream of the second space industry boom with her unique insights.

© 2020 by YUKIKO SUGIYAMA PHOTOGRAPHY. 

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン